SEA MAIL COLUMN 「超純水」へのこだわり

SCROLL
水しぶきの画像

スキンケアに欠かせない
ちょっと意外な「ある成分」

化粧水、乳液、クリーム…と、毎日何気なく使っているスキンケアアイテム。
それぞれ肌に必要な栄養を与える別々の役割を担っていますが、共通して含まれているある大切な成分があります。その正体は、「水」です。
無色透明で、サラサラ。一見、入っていても、いなくても変わらないのでは?と、感じる方も多いかもしれません。
でも私たちに身近な水は、スキンケアのカギを握るといっても過言ではない、重要な役割を果たしています。
それは化粧品に含まれる保湿成分の多くが、水に溶ける性質を持っているから。
私たちがスキンケアアイテムを使うのは、肌に必要なうるおいを補うためですよね。保湿成分をきちんと肌に届けるためには、それらを包み込む水の活躍が欠かせないのです。

水しぶきの画像

肌のお手入れに適した
水の条件を知っていますか?

とはいえ、水なら何でもスキンケアに役立つというわけではありません。
そもそもひとくちに水といっても、含有する成分によってさまざまな種類に分けられます。たとえば、お風呂や洗濯などに使われる水道水は、家庭で安全に使えるように消毒のための塩素を含有したもの。健康や美容のために飲む方も多いミネラルウォーターは、その名の通りミネラルを含んでいます。
そして多くのスキンケアアイテムに使われているのが、「精製水」です。精製水は水道水からイオン交換によって塩素やミネラルを取り去った水のこと。
不純物が取り除かれて純度が高いからこそ、肌に余計な負担をかけず保湿成分をしっかり抱え込むことができます。さらに粒子が細かいため、肌なじみの良さにもつながります。

水道の画像
ろ過イラスト画像

精製水をさらに磨きあげた
「超純水」へのこだわり。

純度の高い精製水をスキンケアアイテムに用いることは、いわば美容業界の常識。しかし、ミキモト コスメティックスは「美しい肌のために、もっとできることはないだろうか?」と、スキンケアの要となる水に目を向けました。
そしてたどり着いたのが、精製水の純度をさらに高めた「超純水」です。これは、精製水からさらに細菌が出す代謝物 パイロジェンという成分を取り去ったもの。つまり、不純物が極めて少ない「とことん磨きあげた」特別な水です。何度も処理を繰り返すことで、純粋なH2Oに近づけています。
その純度の高さは、医療・製薬産業をはじめ、半導体デバイスや液晶表面を洗浄する際など微小なゴミ・ホコリも許されない精密機械を製造する環境下でも使われているほど。

ろ過イラスト画像

つくりたての良さを
そのまま肌に届けたい。

手間暇をかけて磨きあげた水「超純水」を、贅沢にもスキンケアアイテムに使用する。そこには、製造時のスキンケアの処方バランスを、そのままの形でお客様のお肌に届けたいという想いがあります。
例えば、料理も作りたてと時間がたったものでは味に違いが出てきますが、これは食材等に含まれる成分が変化したり相殺し合ったりすることで起きるもの。
一般的に料理はできたてがおいしいとされているように、スキンケアもできるだけ作りたての良さを感じていただきたいと願っています。
そもそもスキンケアの処方は、一つひとつの配合成分のちからを最大限に引き出すことを目指して決められるもの。つまり超純水の配合は、肌の実感のために考え抜かれた絶妙なバランスといえるのです。

波紋の画像