美しき未来へ、変えていく。 Wew シワを改善する薬用クリーム。 WRINKLE ADVANCED

SCROLL
購入ページはこちら

待ち遠しいのは、
あらゆるシワ悩みのない明日。

年齢とともに増えていくシワ悩みに。
シワ改善を認められた
有効成分<ナイアシンアミド>を配合し、
乾燥によるシワだけでなく、
加齢や紫外線による深いシワにも多面的に働きかける
薬用しわ改善クリームです。

ミキモト コスメティックス
リンクル アドバンスト クリーム

<販売名 MC薬用クリームRW>  (薬用しわ改善クリーム)

20g ¥11,000(税込)

医薬部外品

無香料、無着色、超純水使用、アレルギーテスト済
(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)

シワの3大要因に着目した
薬用シワ改善クリーム

  • 加齢

    加齢によるコラーゲンの
    産生量低下・変性、
    エラスチンの変性などで
    肌の弾力が低下。

  • 乾燥

    乾燥による肌表面の
    ゴワつきから
    細かなシワが発生。
    放置するとやがて
    深いシワに。

  • 紫外線

    紫外線の影響で
    コラーゲンが
    分解され
    肌の弾力が低下。

浅いシワも、深いシワも
有効成分<ナイアシンアミド>を配合

表皮と真皮の両方にアプローチし、
いまある深いシワの改善にも働きかける成分です。

ナイアシンアミド

シワ改善効果が認められた
医薬部外品有効成分

深いシワまで届ける
<リンクルアプローチ システム>

保湿成分が角層を柔軟にしながら、親水基と親油基を持つ
浸透促進成分<BECD※1>が、有効成分を効率的に
浸透させるオリジナル処方です。

※1.シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

シワ改善 &うるおいをサポート
弾むような美しさへ

  • パール
    コンキオリン®

    真珠層から抽出したアミノ酸
    「パールコンキオリン®※2」が、
    天性の保水力で、肌のうるおいを
    保ちます。

    ※2.加水分解コンキオリン液(保湿成分)

  • パール
    コラーゲン®

    真珠を育むアコヤ貝から抽出した
    「パールコラーゲン®※3」が、
    肌を包み込むようにうるおいを
    保持します。

    ※3.サクシニルアテロコラーゲン液
    (保湿成分)

  • マリンハーブ
    エキス MP

    海のハーブとも呼ばれる
    海藻<ヒバマタ>から抽出した
    独自のエキス
    「マリンハーブエキス MP※4」が、
    弾むような質感へ導きます。

    ※4.海藻エキス(1)(保湿成分)

  • アーティチョーク
    エキス

    コラーゲンの分解抑制に着目した
    植物成分
    「アーティチョークエキス」が
    ハリとうるおいをあたえます。

気になるシワにアプローチ

ご使用方法

朝と夜のお手入れの最後に…

  • morning
  • night
適量 真珠小粒
1〜2粒分
使用方法1
目元 使用方法2
口元 使用方法3

眉間
使用方法4

笑うたびに目立つ小ジワ、気になっていた深いシワにも、
朝晩のひと塗りを習慣にしませんか。

美しき未来へ、
変えていく。 

ミキモト コスメティックス
リンクル アドバンスト クリーム

<販売名 MC薬用クリームRW>  (薬用しわ改善クリーム)

20g ¥11,000(税込)

医薬部外品

無香料、無着色、超純水使用、アレルギーテスト済
(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)

MESSAGE開発者の想い

すべての女性にシワ改善を

これまで培った「シワ」に対する研究成果と、
カプセル技術の結晶として生まれた「リンクル アドバンスト クリーム」は、
「シワを改善する」ことができる
ミキモト コスメティックス初の薬用シワ改善クリームです。

肌の悩みから解放する製品を目指して

シワを改善するためには、有効成分を効率的に肌へ届けることが肝心。
そのためには、シワ改善有効成分を肌の奥深くまで届けたい・・・。

「リンクル アドバンスト クリーム」には、そんな想いが込められています。
だからこそ、開発チームでは様々な成分の組み合わせに挑戦し、
日々テストを重ねてきました。
新しく完成させた浸透処方技術は、まさにその想いが実を結んだ瞬間でした。

話題の有効成分<ナイアシンアミド> × 当社独自の新浸透処方技術。
この組み合わせこそが、ミキモト コスメティックスの出した結論です。

一人でも多くの方が、シワの悩みから解放され、
笑顔が増えることを願っています。

開発者 野呂 哲也

商品開発本部 本部長

野呂 哲也